年の瀬三日間のお節作りは、年に一度の楽しい恒例行事

FRAU SHOPPING
ポチFRaUショッピングのご注文受付は2017年3月22日を持ちまして終了致しました。
ポチFRAUショッピングトップ >  およばれてみやげ >  年の瀬三日間のお節作りは、年に一度の楽しい恒例行事

およばれてみやげ

FRAU 2013年1月号掲載

  • 年の瀬三日間の
    お節作りは、年に一度の
    楽しい恒例行事

    久しぶりに母と肩を並べた。

    台所で、祖母のレシピを紐解き、
    定番の黒豆、紅白なますの他に、
    今年出会った美味しいものを
    詰めてみるのもいいかもしれない。

    お正月くらい贅沢に、
    キャビアを芋と白合根の
    ピュレに柚子と一緒に添えて。
    ナニワヤのローストビーフは、
    三が日を過ぎたら、
    サンドウィッチに。
    お馴染みの柚子羹は、
    美味しいみかんジュースで、
    今年はみかん羹に。

    こうやって、我が家のお節は、
    変貌を遂げつつ、継承されていく。

今月のてみやげ

  • 「奥飛騨ガーデンホテル」の国産キャビア
    北アルプスの伏流水で10年以上育てられたチョウザメの卵のみを厳選し、低温殺菌を行わず冷凍保存。臭みがなく、引き締まったチョウザメからとれるまさに黒ダイヤ。キャビア本来の食感を楽しめる!
  • 「テラス・ド・フジ」のみかんジュース
    農薬、科学肥料、ワックスを一切使わずに栽培したみかんを、手むきしてから絞り、苦みが少ないのが特徴。果実の甘みが濃く、ストレートはもちろん、割ったり、調理に使っても。

およばれてみやげ一覧へ

ページ上部へ

プライバシーマークについて
JDMAについて
ポチFRAUショッピングではお客様の個人情報を安全に送受信するためにジオトラスト社の 高度な暗号化技術であるSSLを利用し、当サイト上で通信する情報を保護しています。

COPYRIGHT (c) iBRIDGE Corporation. All Rights Reserved.